高原にいるようなパッシブデザインの家

O邸(東京都大田区)/設計:井田晋介

閑静な住宅街に佇む終の棲家。「パッシブ冷暖システム」を採用したパッシブデザインの住宅です。個別の部屋で室温をコントロールするのではなく、家全体を冷暖できるため、暑い日も「高原にいるような涼しさ」で快適にお暮らしです。

明るい陽射しが降り注ぐ2階のキッチン&ダイニング。愛用の家具や調度品が馴染むようシンプルで落ち着いた雰囲気に設えました。一角には和室コーナーがあり、障子を閉めると個室にもなります。

階段を上がって和室の横にはご主人様の書斎コーナーを配置。たくさんの本がきれいに収納されています。

すっきりと美しいekreaのシンプルなキッチン。白でまとめ、アンティークな食器棚をきれいに納めました。

リビングからつながるバルコニー。天気の良い日は窓を開けるとひとつながりの開放的な空間になります。

1階の寝室。静かに落ち着いて過ごせるよう、シックな色調でまとめました。

玄関前の階段隣にもたくさんの本を収納。ギャラリーのように配置しました。

水廻りはナチュラル&シンプルなテイストでまとめて清潔感のある雰囲気に。

玄関への階段もスケルトンの手摺ですっきりとまとめ、植栽が優しく迎えてくれます。

O様邸 DATA

工  法:在来軸組工法 2階建
竣工年月:2018年5月
敷地面積:107.32㎡
延床面積:103.08㎡
現場監督:栗田 紳
撮  影:大槻 茂

カサボン住環境設計

「〜だけ」ではない家づくり デザイン・快適さ・省エネ・耐震を程よく詰め合わせる設計