傾斜地に建つ家

計画地は北西に向かって下る急傾斜地です。高台にあるため眺望の良い景色が望めます。

敷地の南側は比較的平坦で樹木も少なく冬の日射取得が期待できる環境です。敷地条件と周辺環境、そして住まい手の要望を整理し、この住宅を計画しました。

住まい手はマラソンやスキーなどアウトドアスポーツを楽しまれるご夫婦と愛犬たちです。ご両親の別荘が軽井沢にあり以前から軽井沢生活を楽しまれていました。今後、軽井沢で過ごす時間が長くなることもあり年間通じて快適で過ごせる住宅を望まれていました。



玄関に入ると床と連続したデッキと切り取られた外の風景で奥行きを感じられるようにしました。



外への出入りが多く長く過ごすLDKは比較的平坦で日当たりの良い敷地南側に配置。南面と北面に大きな開口を設けました。南側は日射取得と出入りの為、北側は景色を見るのが主な目的です。階段を上がった唯一の2階には畳が敷かれ寝転びながら景色を楽しめます。天井に埋め込んだスクリーンを閉めれば客間として利用できるように計画しました。

デスクコーナーのある主寝室です。北西角に開口をとり高台からの眺望を楽しむことができます。



北端の寝室は地面との高低差が一番あり基礎を片持ち形状としました。構造計画は複雑になりますが接地面積が少なくなるのでコンクリート量と残土処理の削減につながりました。意匠的にも浮遊感のある建築が実現できました。

車も趣味の一つであるためビルトインガレージを計画。



奥のシューズクロークと趣味の部屋である「カールーム」。「カールーム」からはお気に入りの車を眺めながら趣味の時間を過ごすことができます。


工法  :在来軸組工法 2階建

所在地 :長野県北佐久郡軽井沢町

延床面積:150㎡程度

外皮性能:Q値=1.3W/㎡K

     (3地域でのHEAT20G2相当)

撮影  :大槻茂

竣工年 :2020年

カサボン住環境設計

「〜だけ」ではない家づくり デザイン・快適さ・省エネ・耐震を程よく詰め合わせる設計