コダイラリノベ

T邸(東京都小平市)/設計:田村貴彦

築26年の団地の中の一室を全面改修し、いわゆる3LDKの間取りを今のライフスタイルに合わせた住まいに変更した例です。住まい手が設計士ということもあり、材料の使い方にも新しい試みを端々に施しました。

日当たりがよく開放的なリビング。「一から作り直す」のではなく「使えるものを持続させながら変化していく」というライフスタイルに価値が見出される時世、戸建住宅とは異なるこれからの家づくりの可能性を実現した好例です。

シナ合板に濃いグレーの戸棚とカウンターを組合せたモダンなキッチン。オーダー製作ならではの色使いと納まりの美しさにこだわりました。また、キッチンの右にあった壁を撤去したため、空間にゆとりが生まれました。

移動できなかった給湯器には造作でカバーを設置。機器に必要な給気を確保するため、孔をあけてスタイリッシュに。

作業場は「みんなのアトリエ」として家族で共有。LDKと寝室を結ぶ通路を兼用しています。
寝室はシンプルに、トイレはコンパクトに。


T邸 DATA

工事内容:マンションの全面リフォーム(スケルトン)
竣工年月:2009年9月
延床面積:約75㎡
設  計:田村 貴彦
施  工:株式会社参創ハウテック
キッチン:ekreaオーダーキッチン


カサボン住環境設計

「〜だけ」ではない家づくり デザイン・快適さ・省エネ・耐震を程よく詰め合わせる設計