耐震

残念ながら、耐震について絶対はありません。ましてや工法に保証されるものでもありません。未来は常に専門家の予想を超えていく可能性を含むことは、先日の震災でも改めて思い知らされました。エンジニアとして私達ができることは、悲しい結果に至る可能性を小さくすることしかありません。じつに歯がゆいのですが、このことを住まい手となる方々と共有することは、家づくりではとても大切です。そして目標を設定した判断基準に適うように間取りとあわせて構造計画を進めてゆきます。

耐震メインイメージ

現在、カサボンの基準とする耐震性能は、住宅性能表示における耐震性能値で「2」以上に相当すること。住宅性能表示において耐震性能は「3」まで存在します。その上でこれを基準とする理由は、現行の法規の設定基準にあたる耐震性能「1」と「2」の間に決定的な差があるということ。そして、敷地のポテンシャルを活かした間取りや予算といった、耐震性能以外の要素とのバランスを考慮した場合、「2」が妥当であると判断をしているからです。

 

耐震については、構造計算で確かめることの他にもうひとつ大事なことがあります。それは、作り上げた耐震性能を長期に渡って維持できる状況を計画することです。柱の根元が腐食してしまえば、構造計画もなにもありません。壁体内で結露が発生しないように計画をたてることやシロアリの対策も耐震にとっては大切な要素です。

耐震等級図
ページ上へもどる