暖房と冷房

写真のような昔ながらのストーブがあると、ほっとするものです。揺れる炎を眺め、シュンシュンという薬缶からのぼる湯気の音を聴く。子供の頃に感じていた冬は、まさにこんな風景でした。しかし、室内の空気で燃焼する暖房器具は、換気に十分気をつける必要がある分、気密が高い今どきの家では使いづらくなってしまいました。ちょっと残念なことですが、建物と冷暖房器具の性質を上手く組み合せることは、じつはとても重要です。

暖房と冷房メインイメージ

たとえば、居間と廊下で大きな温度差があると、トイレに行く度に血圧が上がったり下がったりと健康によくないばかりか、壁の中の見えないところで発生する結露のために柱の根元が腐ってしまう原因にもなります。これでは快適な生活とは言えません。そこで屋内の温度差を小さくしようとなる訳ですが、家中を温めようというのですから、今度は断熱と気密をしっかりとしなければ、なかなか熱が貯まらないので、光熱費が高額になってしまいます。エネルギーを余計に使うので環境にもやさしくありません。

 

反対に、建物の断熱・気密性能がしっかりとしていて、昼の陽射しをたっぷりと取込める家ならば、少しのエネルギーで温度差の小さい室内をつくることができます。陽射しを取込むための大きな窓は、夜になると主な熱の逃げ道となるので、カーテンなどでフタをします。そうすれば、ひんやり感を無くす上に、ランニングコストもより一層抑えることができます。

 

暖房にとって大事なことは、何よりも「家自体の性能」と「家の使い方」であるということをご理解いただけると思います。ここまできたら、いよいよ暖房器具の選定です。電気代が格段に有利な壁掛型のルームエアコン。足下からジンワリと温めてくれる床暖房。方法は様々です。それこそ性能と使い方のメカニズムを理解できれば、昔ながらのストーブや炬燵を使った冬の過ごし方を選ぶことも間違いではなくなります。

 

暖房について長く書いてしまいましたが、冷房についても「家自体の性能」と「家の使い方」が大事だということに変わりはありません。今度は、陽射しをできるだけ入れないようにします。昼間の風は、気温が高いのであまり期待しません。むしろ夜間の風を使って翌日に備えて家を十分に冷すことに重点をおいて窓を計画しましょう。その地域の風の特徴を知ることが大事なことになってきます。

 

冷房の冷え方の好き嫌いは、人それぞれなので一括りにお薦めはしませんが、エアコンと扇風機では、電気代に大きな差が生じます。寒さと異なり、暑さには「慣れ」もあるようです。試し方によっては、扇風機だけで夏を凌ぐことも、そんなに無理な話しではありません。

 

どのみち重要なことは、家の中をできるだけ暑くしない建物の性能と使い方です。ですから陽射しと窓の関係は注意深く計画することが大切です。その時の落とし穴は、正午の時間だけで検討をしないこと。日出から日没まで、まんべんなく確認しないと効果は半減します。これは、夏と冬の両方に言えること。

 

いかがでしょう。器具から暖房と冷房の検討を始めてしまうのは、何かもったいない気がしませんか?

ページ上へもどる